プラント ステビア 栽培方法

ステビア 栽培方法

プラントで栽培しているステビアです。

キク科の多年草です。

キク科特有のギザギザした葉が特徴的です。

ステビアの葉は、甘味料として有名ですね。

葉に含まれる甘みは砂糖のおよそ300倍とも言われています。

低カロリーの甘味料として色々なドリンクなどで利用されています。

ステビアの新苗からの育て方 栽培方法もかねて、観察、観賞の日々を撮影、写真付きで公開しています。

バラ ハーブ ハーブティー ジャム 参考書籍


入門用デジタル一眼レフカメラ

植物の撮影に使用している
小型軽量マクロレンズ

植物の撮影に使用している
中望遠マクロレンズ

ステビア 品種の紹介

ステビア

ステビア

ステビア

ステビア

ステビア

ステビア

ステビア 栽培方法

プラントで栽培しているステビアです。

キク科の多年草です。

ステビアの葉には、ステビオサイドという甘みを持つ物質が含まれています。

日当たりの良い場所を好みますので、日当たりの良い条件が整った環境での栽培に適しています。

ステビアの育て方もかねて、栽培の記録を掲載しています。

年間を通したステビアの育て方、栽培方法などを記載致します。

ステビア 育て方

ステビア

ステビア 新苗植え込み

ステビア

ステビア 冬越し中

ステビア

ステビア 冬越し後

ステビア

ステビア 翌年の初春

ステビア

ステビア 翌年の春

ステビア

ステビア 翌年の春

ステビア

ステビア 翌年の夏 剪定待ち

ステビア 栽培方法

ステビアの新苗をプランターに植え込んだ写真です。

少し、苗の様子が元気ないですね。

茎の先端付近が少し枯れていて頼りないですが、まあ良いでしょう。

ステビアはキク科の多年草です。

草丈は、60cm前後に育ちます。

栽培には日当たりが良く風通しが良い場所が適しています。

株が充実した段階では半日陰でも育ちはしますが、葉の収穫量が減ったり花の付き具合が悪くなったり、

病害虫に弱くなったりと、条件的に難しい栽培になります。 その為、日当たりの良い場所で栽培する方が無難です。

水やりは、土が乾燥しきるまえに、たっぷりと与える程度で大丈夫です。

葉は、青々としたキク科特有のギザギザ感のある葉になります。

葉にはステビオサイドという甘みを持つ物質が含まれています。

甘味料として知られるステビアの葉の甘さは、砂糖の300倍とも言われています。

その葉から採れる甘みは、低カロリーの甘味料として色々なドリンクなどで利用されています。

花は茎の先端付近に小さな花を沢山咲かせます。

ステビアは、何と言ってもハーブティーでよく利用されています。

ミントのハーブティーに甘みを加える為であったり、手作りのステビアシロップとしての利用も人気があります。

ステビア 育て方 葉

ステビア 葉

ステビア 葉

ステビア 葉

ステビア 葉

ステビア 葉

ステビア 葉

ステビア 葉

ステビア 葉

ステビア 栽培方法 葉

ステビアの葉です。

葉は、青々としたキク科特有のギザギザ感のある葉になります。

葉にはステビオサイドという甘みを持つ物質が含まれています。

甘味料として知られるステビアの葉の甘さは、砂糖の300倍とも言われています。

その葉から採れる甘みは、低カロリーの甘味料として色々なドリンクなどで利用されています。

ステビア 育て方 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 花

ステビア 栽培方法 花

ステビアの花です。

茎の先端に小さな白い花を沢山付けます。 開花の時期は、ほぼ9月中旬ころから、10月初旬ころがピークになります。

葉の収穫量を増やしたい場合は、花芽が付いた段階でこまめに先端の茎ごと摘み取るようにします。

花の開花エネルギーを株に消費させないようにすることが、葉の収穫量の増加に繋がりますので、

花は咲かせないように手入れをすることが重要です。

花が咲いてしまったとしても、花が枯れる前までには、摘み取ってしまった方が株の負担の軽減に繋がります。

ステビア 剪定 摘心

ステビア 剪定 摘心

ステビア 剪定 摘心 前 もさもさ

ステビア 剪定 摘心

ステビア 剪定 摘心 後 すっきり

ステビア 剪定 摘心

ステビアの剪定 摘心は、収穫時に行ったり花を摘み取る際に行ったりするようにします。

剪定、摘心の時期は春先から秋口までの期間でその都度、行うようにします。 冬には剪定、摘心は行いません。

剪定、摘心がてら、若い葉を収穫するのが樹形の管理の上で非常に効率的です。

ステビアは一般的に、株元の蒸れに弱いので、株元が込み合ってきて風通しが悪くなって来たら、株元から数本単位で刈り取るように剪定していきます。

また、樹形を整える為に、それぞれの茎の高さを揃えて剪定、摘心するようにします。

そして、夏には花が咲き出しますので、花は結実するまえに摘み取ってしまうようにします。

花を早々に摘みとるようにすると、株の成長が促されますので、有効な栽培方法になります。

剪定、摘心のやり方、方法は上記写真を参照ください。

要点は、樹形を整える事、株元の風通しをよくする事、この二点です。

ステビアは、株が充実してくると、成長力が非常に強くなりますので、強めに剪定、摘心しても全然大丈夫です。

初めての剪定、摘心に自信が無い場合は、1本ずつの茎ごとに観察しつつ剪定、摘心をすることも有効な方法の一つです。

剪定、摘心の後に脇芽が出てくる様子を観察して行けば、その後の樹形の管理に繋がっていくことになると思います。

寒い時期には少しでも光合成に葉を利用させるために剪定、摘心は冬から春咲きまでは行いません。

ステビア 育て方 肥料

ステビア 育て方 肥料

ステビア 育て方 肥料

ステビア 育て方 肥料

ステビア 育て方 肥料

ステビア 育て方 追肥

ステビア 育て方 追肥

ステビア 追肥 土を被せて施肥終わり

ステビア 追肥 土を被せて施肥終わり

ステビア 栽培方法 追肥

一般的に、ハーブ品種には追肥はそれほど必要ないなんて話をたまに聞きますが、

追肥を行うか行わないかで、葉の収穫量は断然、違いが出ます。

ステビアにも肥料を与えてあげる事は大事です。

新苗の植え込み時に、園芸用の用土を利用した場合、

園芸用の用土には元々肥料成分が含まれていますので、新苗の植え込みから2カ月ほど経過したのち、上記の固形肥料を与えるようにします。

固形の追肥の与え方は、株元付近の土を少し掘り返し、

そこへ適量(取扱説明書を参照)の固形肥料を撒き、軽く土を被せて施肥は完了です。

追肥を与える時期の理想としては、10月~11月、そして翌年の3月~4月、辺りが追肥を与える時期としては最適です。

写真の固形肥料は約6カ月間ききますので、半年ごとに与えるようにします。

4月の初旬は、ハーブがその時期からますます成長のスピードを加速させる時期ですので、

4月の初旬に追肥を行えば、その後数か月間の収穫量は断然増えます。

また、6か月後の10月頃には追肥の肥料成分が切れてきますので、

冬越し前に、10月の時点で追肥を行って、春から夏までの成長期で疲弊した株の体力を回復させるようにします。

10月に行う追肥の量は、収穫の為ではなく株の体力の回復が前提ですので、4月に与える量より少な目に与える感じにします。

追肥を与える量は、肥料取扱い欄を参考に、分量をチェックした後、与えるようにして下さい。

上記の肥料は野菜・ハーブを前提とした固形肥料になりますので、ハーブを食用で育てる場合、追肥としては最適です。

ステビア 葉 収穫

ステビア 葉 収穫

ステビア 葉 収穫

ステビア 葉 収穫

ステビア 葉 収穫

ステビア 葉 収穫

ステビアの葉の収穫は、若い葉を必要分摘み取って収穫します。

若しくは剪定、摘芯がてら、茎ごと刈り取った後、葉を収穫する場合もあります。

葉の収穫は、植え込みから一年後の株が十分に充実した段階で行うのが無難です。

ステビアの葉は、フレッシュでもドライでもハーブティーなどで利用することが出来ます。

株が充実してきたら、収穫がてら、樹形を整えるように剪定、摘芯をしながら手入れをしていきます。

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 乾燥

ステビア 葉 ドライ

ステビアの葉は、収穫後、乾燥させて保存する事ができます。

葉を乾燥させるには、数本の茎ごとに縛って逆さまに吊るし、屋内、または軒下などの日陰で風通しの良い場所で乾燥させるようにします。

乾燥したステビアの葉は、茎から葉を摘み取って、葉のみ保存するようにします。

ドライで保存することによって、長期保存が可能になります。

煮沸消毒したジャム用の瓶詰を用意して、乾燥剤を入れて保存すれば、湿気を防ぐことが出来ますのでお勧めです。

ステビア 育て方 冬越し

ステビア 新苗の受け込みから初めての冬越し中

ステビア 新苗の受け込みから初めての冬越し中

ステビア 新苗の受け込みから初めての冬越し後

ステビア 新苗の受け込みから初めての冬越し後

ステビア そして春

ステビア そして春

ステビア 鉢植えでの冬越し中 地上部が枯れる 1月

ステビア 鉢植えでの冬越し中 地上部が枯れる 1月

ステビア 鉢植えでの冬越し中 地上部が枯れ果てる 3月

ステビア 鉢植えでの冬越し中 地上部が枯れ果てる 3月

ステビア 鉢植えでの冬越し後 株元より新芽が出始める 4月

ステビア 鉢植えでの冬越し後 株元より新芽が出始める 4月

ステビア 鉢植えでの冬越し後 葉が茂り出す 5月

ステビア 鉢植えでの冬越し後 葉が茂り出す 5月

ステビア 栽培方法 越冬

ステビアは、多年草なので、真冬になっても株は枯れ朽ちる事はありません。

しかし成長速度は緩やかになり、その頃までに伸びきった古い茎や葉は枯れだして、

草丈は低くなり、収穫するほどには育ちません。

流石に花芽が付くこともなくなってきます。

冬季では、株元より上部の茎や葉が殆ど枯れてしまう場合もありますが、

休眠状態に入っているだけで、株は健在です。

枯れてしまったように見えますが、株元の根は土の中でしっかり生きていますので、このまま栽培を続けていきます。

冬越しに失敗して枯れてしまったと勘違いし、栽培をあきらめ、プランターを片付けようと、

株を土から引っこ抜いてしまった時点で初めて、元気な白い根が張っていたと気付かされるケースもありますので、

多年草のハーブの栽培では、冬季に地上部が枯れてしまったように見えても、地中では株がしっかり生きていることが多いので、注意が必要です。

株が充実した段階では、冬季に入ってもある程度の葉が茂り、地上部が枯れ果てることなく冬越しを迎えるケースも有りまが、

ステビアはどちらかと言うと寒さに弱いので、ほぼ地上部の茎や葉は枯れてしまう事が多いです。

冬越しを終えると、春先からは、新芽が株元よりぽつぽつ出始めてきます。

冬季では、少しでも葉の光合成を助ける為に、葉の収穫は控えるようにします。

また、越冬させるために、特別にマルチングを施す必要などはありません。(寒冷地は除く)

自然な環境下で、放置していても冬越しは可能です。

水やりの頻度は、土が乾燥しきる前に、多めではなく鉢底から少し流れて来る程度与えてあげれば十分です。

無事に冬を越えたステビアの株は、3月頃より新芽が株元より湧くように伸び始めます。

やがて、4月の気候が穏やかになる頃には、生き生きとした若い葉が茂るように再び育ち始めます。

ステビア 株分け

ステビア 根詰まり気味

ステビア 根詰まり気味

ステビア 株分け用にスコップで1株を引き抜く

ステビア 株分け用にスコップで1株を引き抜く

ステビア 引き抜いた株

ステビア 引き抜いた株

ステビア 1株分を鉢に移植して植え替え

ステビア 1株分を鉢に移植して植え替え

1株減らして生育スペースを確保

1株減らして生育スペースを確保

ステビア 根詰まりと植え替え

ステビアは、根詰まりをおこすと、段々と生育不良になります。

具体的には、落葉が多くなったり茎が細く柔らかくなったり、新芽や脇芽が出にくくなったりと、

見た目で株の健康状態が悪いのが分かるようになります。

根詰まりの解消法は、色々な方法がありますが、スタンダードな手入れの方法としては、

一回り大きな鉢に植え替える手入れが一般的になります。

植え替える前に、枯れた枝や葉は落としておいた方が作業がしやすくなります。

根詰まりを起こした株を、鉢から慎重に引き抜くと、根がぎゅうぎゅうにパンパンに張り巡っているのが分かるかと思います。

このような状態では株は、成長どころか最悪、枯れだします。

引き抜いた株は、根を軽くほぐすようにして、植え替えの準備に入ります。

根をほぐす際には、古い根やか細い根は、少々粗くむしり取って大丈夫ですが、

太い根や、白い若い根は、極力傷めないように切らないようにほぐしてやります。

根は、ある程度ほぐす程度で十分ですので、根をほぐし過ぎて根を傷めすぎないように気を付けます。

そして一回り大きな鉢に、植え付けて作業は完了になります。

植え付けの際は、鉢底石や赤玉小土を入れる場合は適量を先に鉢底に入れておきます。 特に必要としない場合は入れなくてもそれほど生育には問題はありません。

次に少しずつ土を入れていき、鉢をとんとんゆすりながら、土が根の間にしっかり入るようにゆっくり入れていきます。

植え付けが済んだら水をたっぷり与えて、株の更なる成長を見守りましょう。

ちなみに根詰まりからの植え替えに最適な時期は、初春か秋口です。

夏場と冬場の植え替えは、株に大きな負担をかける事に繋がりやすいので避けるようにします。

また、根詰まりをきっかけとして、株分けして二株分に分けて、植え付けることも有効な方法のひとつです。

その際に、根が張り巡っている為に、1株分のみを土ごと引き抜きにくい場合は、

株と株の間にスコップを入れて、根をある程度切ってから土ごと引き抜くようにすると、作業性が良くなります。

または、二株分まとめて、一度プランターから土ごと引き抜いた後、スコップで 1株 1株 を分割させてからそれぞれ植え込むことも有効な方法のひとつです。

ステビア 増やし方 挿し木 水挿し

ステビア 増やし方 栽培方法 挿し木 水挿し

ステビアの増やし方は挿し木で増やすことができます。

挿し木の成功率を高めるために、挿し木をたくさん土に挿して、成功率を高める方法もありますが、

水挿しを利用して十分に発根させてから土に挿し木をするだけで、挿し木の成功率は飛躍的に高まります。

カットした茎の部分や茎の節の部分から発根してくるまでには、数日から数週間から、

品種によってばらつきがありますが、大抵は1週間ほどで、新たな根が生えて来るかと思います。

神経質に、毎日水を変える必要はありません。 2,3日おきでも大丈夫です。

発根を十分に確認後、挿し木をするようにすれば、大抵は根付くことに成功するかと思います。

発根促進剤などは、使用しておりません。 大抵のハーブは、発根促進剤ナシでも発根はします。

ステビア 育て方 小鉢

ステビア 栽培方法 小鉢

ステビアは、小鉢で盆栽のように栽培する事が出来ます。

小鉢で盆栽のように育てる事で、愛着が湧きとても面白いですよ。

小鉢 育て方の注意点

小鉢では、水を与えても鉢が小さい為、土の量も少なくなり、土が乾燥しやすいので、

受け皿を上手く利用して水切れに注意をしましょう。

小鉢での栽培は、強い日差しに弱いので、夏場の直射日光には当てないようにします。

夏場の日差しを防ぐ為、夏場は半日陰で栽培するのも方法のひとつです。

また、冬季では、観葉植物のように部屋の中で寒さから守ったり、窓辺に置いて日に当てたりと、

観葉植物のように管理する事も、小鉢での栽培では融通が利きます。

小鉢での栽培では、一年ほど経過すると、根詰まりが出てきます。

根詰まりが原因で、生育が悪くなったりするようでしたら、新たに挿し木して栽培を初めからやりなすことも出来ます。

また、小鉢の大きさを大きくして植え直すことも出来ます。

小鉢での栽培の面白さは、小鉢でどれだけ上手く栽培できるかなので、

剪定なり摘心なりして、色々と工夫しながら小さく育てて栽培を楽しむことが出来ます。